採用情報RECRUIT

アチーブゴール代表取締役 渥美修一郎
90%以上の日本人は英語を話す事が出来ないと思われています。しかし、話す自信を持てたとするなら90%の方が英語は話せますと答えるかもしれません。
皆、英語を話せないと思い込んでいるのだと私は思います。
中・高・大学と英語のスピーキングは授業で教わってきませんでした。ですから我々日本人は今から文法・単語ではなくネイティブの発音を聞き取る・自分の言いたい事を伝える。この事に専念して英語を学ぶ事が適切と考えています。皆さん、短期集中してフィリピンに英語留学してみてください。

1週間から留学は可能です。フィリピンは世界第三の英語公用国であり、政府も留学の受け入れを推進。韓国では1年間に10万もの人がフィリピンに留学しています。一方、日本人は2015年わずか3.5万人です。

現地や日本でのサポート体制を整え2013年4月1日、アチーブゴールイングリッシュスクールAGESLを開校し同年12月1日にフィリピン留学最大手のSME校と資本提携しSMEAG校が誕生しました。セブ島内に3キャンパス、クラークに1キャンパス、1,200名の生徒様を迎え入れています。これからもアチーブゴールは、多くの日本人がセブ島SMEAG校で英語を習得し、グローバルなチャンスを掴むために、そして、日本の英語力が著しく変貌を遂げ、成長していくために、全力を注いでまいります。強い精神力を持って。
代表取締役 渥美修一郎のOWN STORY
アチーブゴールの事業紹介
エントリーはこちら
私たちの想いに共感できる人、チャレンジしてみませんか
アチーブゴールにエントリーする